IVAとは

IVA(Institute For Vocal Advancement)とは、マイケルジャクソン、スティービーワンダーを含む120人以上のグラミー賞受賞アーティスト達 やブロードウェイの俳優達を支える発声法

Speech Level Singing (SLS) のCEOであったJeffrey Skouson氏をCEOとした、Speech Level Singing マスターインストラクター達を中心につくられた組織です。
このIVAテクニックはブロードウェイの俳優達(Rent, Les Miserables, Chicago, Wicked等)、GLEE出演者等、多くのアーティスト達が支持しています。
ロングランでも疲れない、潰れない声を求めて、連日多くの俳優達が各地のIVAの講師の元へ通っています。

Profile

沖縄県那覇市生まれ。
昭和音楽大学短期大学部 ミュージカルコース卒業

米Institute For Vocal Advancement IVA公認インストラクター
元Speech Level Singing公認インストラクター


【クライアント所属会社・実績】
(株)ヴィジョンファクトリー/ オスカープロモーション/ (株)研音/ 劇団四季/ SONY MUSIC ARTISTS/ Zeal associates/ 宝塚歌劇団/ 宝塚歌劇団OB

幼少よりバレリーナを目指しバレエを始める。バレエ以外のステージを初めて生で見たのがミュージカルで、ミュージカルに興味を持ち、ミュージカルについて学び始める。その頃より本格的に声学からボーカルトレーニングを始める。
昭和音楽大学、在学中より様々なミュージカルに出演。
その中でも在学中に演じた”GUYS AND DOLLS”ネイサン、新国立劇場ミュージカル「ねこはしる」ランの母さんが好評を得る。
ミュージカルの他には、東京セサミプレイスMC等でも活動する。
現在、Spencer welch氏、Chealsea Calder氏他、海外の著名なボイストレーナーの元で勉強しながら、ミュージカルだけではなく、様々なジャンルの音楽に取り組み、ライブ活動、イベントに出演しながら、自身もボーカルトレーナーとして多くのアーティストを育成中。
よくある「現役に重きを置きながら」のボイストレーナーではなく、「本職:プロボイストレーナー」であるので、定期的に本格的なレッスンが受講できると好評。東京だけではなく、名古屋、大阪等で、レッスンを行う。

ダンサーの気持ちがわかるレッスンを行いたい。

実は、私は歌が大の苦手でした。
学生時代は歌の成績は下から数えた方が早いくらい。
そんな私は絶対歌の世界なんか飛び込まないだろうなと誰もが思っていました。
今でも多少そうですが、日本のミュージカル界ではダンスかシンガーか分かれていました。
踊れなくても歌えれば良い、歌えなければ踊れれば良い。
だから私はダンサーで行こうと思って歌は力を入れて練習をやってませんでした。
ただ日本に来るブロードウェイのミュージカルを見る度に思ってました。
彼らは歌もダンスもお芝居も凄いなぁと。
そんな時にSpeech Level Singingというメソッドに出会いました。
それが私というボイストレーナーのはじまりです。
現役で活躍していた時はダンスでオーディションに受かっていたくらいです。
踊る時の体の使い方もわかる歌の講師はなかなかいません。
ダンスは得意だけど歌は苦手なあなた。
ダンスと同じくらい、歌も自分の得意な分野にしませんか?

オーディションという難関をくぐるために

書類で落ちてはいませんか?
書類で落ちてしまっては自分の生の歌声を聴いてもらえずもったいない事です。
書類の作成方法にも策があります。
正しい対策レッスンを受講されるとオーディションの書類審査も通過しやすくなります。

POINT1 自分の声を知ること

メゾの声なのにソプラノ用のトレーニングをしていませんか?
今まで違うトレーナーさんについていた方で、私のレッスンをはじめて受講される方の中にこのタイプは非常に多いです。
喉を痛める原因にもなりますし、これではもちろんあなたのやりたい事、歌いたい歌声ができる様にはなりません。

POINT2 声の傾向を知ること

あなたの声の悩みは何でしょうか?
IVAメソッドではあなたの声の傾向(tends to)に合ったあなたのためのオーダーメイドのレッスンを提供しています。
自分の声の癖を正しく理解した上でエクササイズをしなければあなたの歌声は上達しません。

POINT3 歌に必要ないトレーニングはしない

歌声を良くしたいと思って腹筋を鍛えてみたり、体幹トレーニングをしてみたり、腹式呼吸をしてみたりしていませんか?
これらはほぼ歌には必要ありません。
歌うときに必要な筋肉のみにアプローチしてトレーニングする事。これがあなたの近道です。

もちろん歌が上手くなるのにはいろいろな条件があります。
ある人にはリズムから練習させた方が、ある人には発声から練習させた方がいい時があります。
声を聴き、それを見極め、あなたにとって的確なトレーニングを提供できるトレーナーにつくのが上手になる近道です。

今、ミュージカル界で流行りのベルティング歌唱法(地声で高音をはって出している様に聴こえる歌声)、 出してみたいと思いませんか?
腹筋をつける?
腹式呼吸ができる?
そもそも地声で歌なんて歌ってはいけない?

そんなレッスンをしてはいませんか?

高音開発はIVAの得意としているところです。

今でも舞台に立ち続けている現役講師によくありがちな「舞台のお仕事が始まったらレッスンをお休みする」事がないです。
プロとしてのあなた、プロを目指すあなたの為に時間を空けています。
あなたの納得いくプランでレッスンが可能です。

お客様の声

榊原 良子様(声優)

 声優は、ただ一つの表現方法である「声」に、感情や感覚を載せて、『人間』を表現する仕事だ。だから「声」の調整は必須である。
 が、役柄によっては普段決して使わない声を出さなければならない。人間とは思えないような叫び声、怒鳴り声等々。結果声帯を痛めてしまう。声帯を酷使するのが声優の仕事だ。「表現する」ことが好きな私は長年、普段は使わない低音を要求される役柄も断らず、無理をしても声を出した。酷使して来た私の声帯は、夥しい毛細血管が浮き、薄い膜のような「結節」がその部分を覆っている。声が劣化していた。が、60歳を過ぎて、昔の声を取り戻したいと考え、ヴォイストレーナーズの門を叩いた。そこに、武富先生がいた。
 肉体の“そのままの感覚”を人に伝えるのは難しい。言葉で説明をしてもなかなか通じないものだが、武富先生に伝えると必ず的確なアドバイスが返ってくる。少しもブレていない。そして、それが安心感を与えてくれる。
 年齢的にも思う様にはなかなか上達して行かない自分に歯痒さを感じたりするのだが、武富先生に教えを乞うことをやめようとは思わない。武富先生が嫌だと言っても、私は武富先生にしがみ付いて行こうと思っている。

羽純 るい様

  久しぶりに歌の仕事をする事になり、再びレッスンをするなら今までとは違う発声を勉強したい、また自分の苦手な部分を改善したいと思っておりました。そんな時、武富先生に出会う事が出来ました。
先生は私の仕事も理解して下さっていて臨機応変にその時の歌う曲、体や喉の調子によってレッスンをして下さいます。
 長年やっていた発声方法が抜けなくて未だに模索しながらレッスンをしておりますが、先生は諦めず根気よく見て下さいます。
 仕事の為短い期間で歌いこなさなければならない事が多いので、この音が出にくいです!この言葉だと出しにくいです!と無茶な質問をしてもすぐに答えて下さり、私の出しやす方向に導いて歌えるようにして下さいます。
 発声方法やテクニックを惜しみなく教えて下さる素晴らしい先生です。心から感謝しております。

F.K様

 武富先生には大学生のころから発声やオーディション課題曲などをみていただいています。最初は自己流の歌い方でしたがそれに限界を感じ、しっかりとミュージカルで通用する発声を身につけたいと思って今もレッスンを受けさせていただいてます。
   しっかりと声帯や自分の歌い方のくせを的確に指摘していただいて、 分かりやすく課題をいただきます。 自分での練習のときにも意識しやすく、上達や課題クリアのスピードが上がったように感じました! 様々な歌い方がありますが、声帯からしっかりと原音を!というのはすべての基礎であると感じています。それを武富先生に見ていただけて、 歌える歌の幅も格段に広がり、歌うのが楽しくて仕方がないです!

レッスン会場

遠方の方はオンラインレッスン、名古屋、大阪へは出張レッスンも行っております。ご希望の方はご相談ください。

大塚スタジオについてはプライベートStなので、ご予約確定後にお知らせします(JR大塚駅より徒歩5分圏内)
サウンドスタジオノアさんに関してはダンススタジオの方に間違えて行かない様、お気をつけください。
ライン登録をして頂けると情報がすぐに届きます。

SNS

更新日:

Copyright© <武富ゆきボーカル&アクターズスクール> , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.